日本とトルコの深い絆のきっかけは

ーナは他の書物も手に取ったが、どれもこれも同じような産物であり、書物の番号を重ねる毎に主は人を長く生かす術を覚えている様子だった。
 正式な手順を踏んでいれば医学や魔術に貢献したであろう書物だが、個人で行えば狂気の産物としかなりえない。それに書物を見る限りでは、犠牲者の数は10人ではとどまらないだろう。それほどの数の人間がいなくなっていることに、この屋敷の者達は誰も気が付かなかったというのだろうか。ラーナは素朴な疑問を抱いた。
 ラーナが書物を見ることに我慢ができなくかったころ、つるはしがガチンと金属音を呈した。<a href=”http://www.vq53.com/その他-sw7-13.html&#8221; title=”メンズ ブレスレット 人気”>メンズ ブレスレット 人気</a>

「旦那様」
「もう一息だ」

 ランブレスと執事が狂ったようにつるはしを振り上げる速度を上げる頃、部屋の外にいたミルトレが叫ぶ。

「ラファティ様、外が!」
「どうした?」
「夜の時間になります!」

 外にいる騎士達が見たのは、今まで厚い雲による暗がりでありながらもまだ一条の光は差していたのだが、それらが全く断たれていく光景だった。希望がついえるように光が閉ざされ、あたりは暗闇に包まれた。シスターや僧侶たちが光を灯すように魔術を唱え、部屋の中にいる者達もろうそくに火を点けて明りを増やした。

「逢魔が時、ですね」
「嫌な気配しかしないな。一度ランブレスと執事を止めるか?」
「無駄だと思いますけど」<a href=”http://www.vq53.com/ブレスレット-sw7-12.html&#8221; title=”ブランド ブレスレット”>ブランド ブレスレット</a>

 ラーナは険しい表情で次第にその姿を現す扉を見据えた。ラファティは騎士の一人に銘じてランブレスと執事を止めるように促したが、彼らは騎士が肩を掴んでもまるで意に介さず作業を続けた。騎士の制止を振り切るその異常なまでの力に、騎士はたまらず後ろに尻もちをついたのだった。

「ラーナ殿」
「ええゆるゆると撤退しましょう。ここにいてはまずそうです」

 ラファティとラーナがそう言ったのも無理はない。既に瘴気とでもいうべき異質な気配は扉から溢れ出ており、徐々に可視化できるほどの濃度となっていた。黒い霧のような瘴気に包まれながら、ランブレスと執事はそれでも作業を続けている。
 ラファティと騎士達は少しずつ後ずさりをしながら、部屋の入口に近づいて行った。彼らの全員が、異常事態に危機感を募らせていたのだ。敵の正体や真実の究明も大切だが、それ以上に身の安全が優先であった。どうやらこの部屋にいては、達成できそうもない。
 だが全てを見届けようとラファティとラーナが部屋の中央で踏みとどまっていると、ランブレスと執事の作業はついに終わりを迎えたようだった。むき出しになった扉。そこには簡単に閂がかけられているだけであり、一見何の変哲もない扉であった。壁に急増で取り付けられたであろう扉は不格好であったが、縁から漏れ出るどす黒い瘴気は、その扉を十二分に威圧感を持つ存在たらしめていた。

「旦那様、開けますよ?」
「無論だ。娘を供養してやろう」

 そう言ったランブレスの口調には強い使命感のようなものが感じられたが、ラファティは心の中で開けてくれるなと、強く念じざるをえなかった。そして扉はその威圧感と裏腹にいとも簡単に開け放たれたが、その瞬間ランブレスの体はくの字に折れ曲がるようにして扉の先へと引き込まれた。
 そして中からはランブレスのこの世の物とも思えぬ悲鳴と、骨が砕かれる音が聞こえてきた。執事は一瞬の出来事にその場に立ち尽くしていたが、ランブレスの悲鳴が途絶えると、我に返って一目散に背を向け逃げ出そうとした。
 だがそれは叶わず、

<a href=”http://www.vq53.com&#8221; title=”http://www.vq53.com”>http://www.vq53.com</a&gt;

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s