日本とトルコの深い絆のきっかけは

ーナは他の書物も手に取ったが、どれもこれも同じような産物であり、書物の番号を重ねる毎に主は人を長く生かす術を覚えている様子だった。
 正式な手順を踏んでいれば医学や魔術に貢献したであろう書物だが、個人で行えば狂気の産物としかなりえない。それに書物を見る限りでは、犠牲者の数は10人ではとどまらないだろう。それほどの数の人間がいなくなっていることに、この屋敷の者達は誰も気が付かなかったというのだろうか。ラーナは素朴な疑問を抱いた。
 ラーナが書物を見ることに我慢ができなくかったころ、つるはしがガチンと金属音を呈した。<a href=”http://www.vq53.com/その他-sw7-13.html&#8221; title=”メンズ ブレスレット 人気”>メンズ ブレスレット 人気</a>

「旦那様」
「もう一息だ」

 ランブレスと執事が狂ったようにつるはしを振り上げる速度を上げる頃、部屋の外にいたミルトレが叫ぶ。

「ラファティ様、外が!」
「どうした?」
「夜の時間になります!」

 外にいる騎士達が見たのは、今まで厚い雲による暗がりでありながらもまだ一条の光は差していたのだが、それらが全く断たれていく光景だった。希望がついえるように光が閉ざされ、あたりは暗闇に包まれた。シスターや僧侶たちが光を灯すように魔術を唱え、部屋の中にいる者達もろうそくに火を点けて明りを増やした。

「逢魔が時、ですね」
「嫌な気配しかしないな。一度ランブレスと執事を止めるか?」
「無駄だと思いますけど」<a href=”http://www.vq53.com/ブレスレット-sw7-12.html&#8221; title=”ブランド ブレスレット”>ブランド ブレスレット</a>

 ラーナは険しい表情で次第にその姿を現す扉を見据えた。ラファティは騎士の一人に銘じてランブレスと執事を止めるように促したが、彼らは騎士が肩を掴んでもまるで意に介さず作業を続けた。騎士の制止を振り切るその異常なまでの力に、騎士はたまらず後ろに尻もちをついたのだった。

「ラーナ殿」
「ええゆるゆると撤退しましょう。ここにいてはまずそうです」

 ラファティとラーナがそう言ったのも無理はない。既に瘴気とでもいうべき異質な気配は扉から溢れ出ており、徐々に可視化できるほどの濃度となっていた。黒い霧のような瘴気に包まれながら、ランブレスと執事はそれでも作業を続けている。
 ラファティと騎士達は少しずつ後ずさりをしながら、部屋の入口に近づいて行った。彼らの全員が、異常事態に危機感を募らせていたのだ。敵の正体や真実の究明も大切だが、それ以上に身の安全が優先であった。どうやらこの部屋にいては、達成できそうもない。
 だが全てを見届けようとラファティとラーナが部屋の中央で踏みとどまっていると、ランブレスと執事の作業はついに終わりを迎えたようだった。むき出しになった扉。そこには簡単に閂がかけられているだけであり、一見何の変哲もない扉であった。壁に急増で取り付けられたであろう扉は不格好であったが、縁から漏れ出るどす黒い瘴気は、その扉を十二分に威圧感を持つ存在たらしめていた。

「旦那様、開けますよ?」
「無論だ。娘を供養してやろう」

 そう言ったランブレスの口調には強い使命感のようなものが感じられたが、ラファティは心の中で開けてくれるなと、強く念じざるをえなかった。そして扉はその威圧感と裏腹にいとも簡単に開け放たれたが、その瞬間ランブレスの体はくの字に折れ曲がるようにして扉の先へと引き込まれた。
 そして中からはランブレスのこの世の物とも思えぬ悲鳴と、骨が砕かれる音が聞こえてきた。執事は一瞬の出来事にその場に立ち尽くしていたが、ランブレスの悲鳴が途絶えると、我に返って一目散に背を向け逃げ出そうとした。
 だがそれは叶わず、

<a href=”http://www.vq53.com&#8221; title=”http://www.vq53.com”>http://www.vq53.com</a&gt;

終わらないで!「あまちゃん」25週目

。もう復学してたんじゃないか。噂なんていい加減なものだな。

 いや、違う。今日から復学なんだ二人とも。僕の講義が復学一発目になるんだな。それじゃあ、今日は少し甘くやるか。リハビリも必要だろうし。

 でも今回は事前に説明したお楽しみ講義だ。申請も受理されているし……。他の生徒で参加させても良いと思うのは一人だけだし、新しく受講する三人はいっそ分けて僕が見るか。<a href=”http://www.shoessresume.com/女性用靴-ji73fi-12.html&#8221; title=”ナイキ スニーカー 激安”>ナイキ スニーカー 激安</a>

 レンブラント姉妹の能力は申請の値を見る限り、学生の中では結構高いと思う。ジンの言う通り優秀だ。もっとも、その能力を今も維持できているかは疑問だけどね。あれだけの大病の後なんだから。

 お姉ちゃんのシフは僕よりも年上か。十九歳。典型的な魔術師みたいだな。得意な属性は土と火。へぇ。二つ書くなんて結構珍しい。それに、土の方は精霊の加護持ち。識に教わる事が多くなるかも。

 妹さんは十五歳。おお! 弓を使うんだ、この|娘(こ)。それに、槍? これはまた珍しい組み合わせだ。弓と槍。まさか事前に僕と識の事を調べて適当に書いた? 魔法は初歩だけで使用するのは主に強化系か。

 レンブラントさんにはお世話になってるし、二人とも許可。公私混同? いや能力的には一応問題ないしね。

 どちらかと言うと二人とも僕や識を意識して嘘を書いて無いかって言うのが気になる。姉は土属性に精霊の加護があると書いてあるからそこには嘘は無いと思うんだけど。妹の得意な武器が弓に槍って言うのがなあ。学園で講義するようになってから弓矢は一度も使って見せた事が無いから、多分親父さんに聞いたのだろうけど……。

 もう一人も女の子。好みで選んだんじゃない。僕の講義は現状男四人の女一人。紅一点のアベリアは女の子を増やして欲しいとこぼすし(その癖女生徒が来ると識に手を出さないように牽制する)、丁度半々になるバランスで良いかなと。動機も、能力も結構高い。グリトニア帝国の近くの小国出身で転入してきてまだ少ししか経っていないらしい。色々講義を物色している時期なのかもしれない。合わなくて去る事になる可能性もあるけど奨学生らしいので向上心はあると思う。

「ライドウ先生、少しよろしいですか?」

 受講の許可を出した申請の紙を識に頼んで事務室に持って行かせる。どの程度で受理されるのかわからないけど、それでも来週には多分姉妹と対面出来るだろう。今日からだったら事務室に変なのがいると言う事だろう。良い風に変なら気にしなくても問題ない。多分。

[何か?]

 識が部屋を出てすぐ、席を立った講師の一人が話しかけてきた。珍しいな。<a href=”http://www.shoessretain.com&#8221; title=”nike 靴”>nike 靴</a>

「実はその、先生が商売で扱われている傷薬なんですが」

[はい、傷薬は確かに扱っていますが]

「これから夏休みを挟んで学園祭までの期間、私の講義でも危険な実技が増えるので出来れば十個ほどご都合頂けないかと」

 ああ、そう言う事か。学園祭が近いと危ないとかはわからないけど。毎日通って十個備蓄するよりも僕に頼んでまとめて手に入れられないかと思ったんだな。今は個数制限して売っているし、傷薬をはじめとした薬品などは一般の人は頻繁に買い直す物でもない。大量に買おうと通いつめる客がいたらライムたちが動いているし。まあ学生の傷を治す為にと言うなら僕も歓迎だ。

[ああ、なるほど。わかりました。講義で備えておきたいと仰るなら喜んでご用意しましょう。明日にでも店に来てください]

「ありがとうございます!! ああ、良かった。クズノハ商会の評判が高くなってきて私も試して見たのですが、本当に効き目が凄い。是非保険として持っておきたかったのですが、

<a href=”http://www.shoessresume.com/sneakers-ji73fi-13.html&#8221; title=”http://www.shoessresume.com”>http://www.shoessresume.com</a&gt;